クラウチングスタート★【個人撮影】顔出し 19歳 良く笑い、おどおどした黒髪女子大生に、中出しwww【高画質版有】

今回はFC2コンテンツマーケットより、クラウチングスタートの『【個人撮影】顔出し 19歳 良く笑い、おどおどした黒髪女子大生に、中出しwww【高画質版有】』をレビューしたいと思います。


今回登場する女の子は大学在学中の2年生、19歳・りこちゃんです。
おっさんと打ち合わせがてら喫茶店でお茶をしている時からおどおどとした様子のようで、自分がハメ撮りを撮られてしまうことに対して罪悪感でも感じているのでしょうか。
いざ、撮影となると、オッサンとの会話にしっかりとした受け答えをしてくれますが、時々、愛想笑いのような渇いた笑顔を挟みます。


洋服を脱ぐように指示をされると脱ぎっぷりは素晴らしいのですが、ご覧の表情です。
カメラの前で裸体になろうとしている不安と闘っているようです。


ブラを外すとなかなかのサイズなバスト!
乳首は小さなブツブツがあり、めちゃくちゃエロいオッパイをしています。
オッサンにゆっくりと乳首を刺激させますが、まだ緊張が勝ってしまっています。
ストッキングを脱ぎ、パンティまで脱ぐ時が来てしまうと、照れ隠しの笑いを入れながらカメラの前に諦めたような顔でしっかりとオマンコをカメラの前に晒してくれます。
元々猫っ毛体質のリコちゃんですが、オマンコの毛も同様で一本一本が細く、オマンコのびらびらが透けて見える程です。
処理をしていない感じですが、猫っ毛過ぎて汚くないのはポイントが高いです。


プレイに入る前にシャワーを浴びますが、当然そこも撮影されてしまいます。
恥ずかしそうに下っ腹を隠していますが、このくらいの肉付きの方が良いのですw


シャワーを終えてベットの上に移動すると、流石に覚悟は決まったのか、晴れやかな笑顔です。


オッサンに倒されると、マスクを取られて本物の美人顔を披露。
さらに乳首弄りが始まると、喘ぎ声こそ出しませんが、目を瞑って気持ちよさそうな表情です。

大人しく気持ちよくなっちゃうんだね。
声は出ちゃう方?
分かんない。。。
そんな事はもう五分もすれば分かってしまうんですが、この子はマグロなイメージですね。


カメライッパイにリコちゃんのオマンコがドアップにされます。
そこからのビラビラくぱぁ!


露出されたクリトリスをくりくりといじられるとビクビク!と反応。
これまで澄ましてきた感じとは一転、小さな声を出しながら喘ぎはじめてしまいます。


どんなに澄ました感じの女の子でも、オマンコをいじればネチョネチョとマン汁を下の口から吐き出してしまうんです。
そのマン汁を指で掬って、リコちゃんの前でびろーんと伸ばして見せると恥ずかしそうな表情で照れ笑い。
羞恥心のドン底までリコちゃんを陥れます。


ここからはフェラチオ開始です。
まずは軽く根元の辺りを握ってシコシコをシゴキます。
十分にチンポを勃起させた所で、ようやく口を近づけてくれますよ。
そのまま先っぽをペロっと舐め始めると舌先を小刻みに動かしながら尿道辺りを徹底的にシャブリます。


続いてチンポ全体をペロペロとシャブリまくりです。
彼氏の性感帯は裏筋なのか、かなり多めに裏筋、鬼頭の裏辺りを重点的に舐めてくれます。


さらに大きく勃起したチンポを口いっぱいに咥えると、口の中で舌を回転させながらローリングフェラです。
可愛くて大人しそうな女の子ですが、彼氏にはしっかりと仕込まれているようです。

りこちゃんさぁ、オッサン入れたくなっちゃた。
りこちゃん、入れたい?
かなり長めのフェラチオで我慢できなくなってしまったオッサン。
いよいよ挿入開始です。
おっさん、生チンチン入れたいけど、どうしよっか?
生チンチン入れるとおこずかいアップするけど、生チンチンいる?
うん。。。
お金の魔力に負けたりこちゃん、あっさりと生挿入を了承してくれます。


ビンビンになった勃起生チンチンをゆっくりとリコちゃんの内部に差し込んでいきます。

んんっ、はぁ、、あああああ。
マン汁の擦れる音に負けそうなくらい弱々しい喘ぎ声で生チンポを膣いっぱいに感じるリコちゃん。
これまでとは全く違う、雌の表情で乱れます。


しっかりと生挿入されていくチンポ。
リコちゃんの狭い膣壁をこじ開けるように奥深く貫きます。


リコちゃんを上にしてさらに下から突き上げます。


後ろに倒れてM時で挿入部を包み隠さず見せてくれます。


ダブルM字で力強く腰を振られると、今日一番の喘ぎ声で感じています。
リコちゃん、彼氏にしっかりと仕込まれているようで、奥を突かれると全力で感じてくれます。


バックになると、なかなかのボリュームオッパイををバインバインと揺らしながらチンポを突かれ続けます。


バックの挿入でもしっかりとドアップで演出!


オッサン、気持ちよくて我慢できないかもしれないよ。
そう言い、正常位で挿入すると一心不乱に腰を振りまくり。
その激しさに比例するようにどんどんとボリュームを上げていく喘ぎ声。
枕をギュッと掴む手も愛らしくて仕方がありませんん。


リコちゃん、おっさんさぁ、リコちゃんの中に出したいなぁ。
ええええ?うーーーーん。
いいよ。
中に出して。
さらなるお小遣いアップを期待したのでしょうか。
一瞬悩みますが、あっさりと中出しを了承してくれましが。
そこからの、ラストスパートの激しいピストン。
ああああぁぁ、リコちゃんイっちゃうよ。
オッパイをギューっと揉みしだきながら、最後にはリコちゃんの中で果ててしまいます。


ニュルンとチンポを押し返す程の膣圧。


なかなか出てこない精液。
指を突っ込んでオマンコをかき混ぜて・・



泡立ったマン汁と共に粘度の高い濃い精子が大量に流れ出てくるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です